靴の傷みを止めるため

修理インソールは足に触れる部分です。体重を分散してくれる大事なパーツですが、どうしても摩耗しますし、汚れも出ます。汗も吸ってくれることが重要で、擦り切れてしまうと機能を果たせなくなってしまうでしょう。靴を脱いだ時にも、印象はとても悪くなってしまいます。革靴の場合、汗を吸い込んでしまう問題がありますが、どうしても革が硬化してしまう原因となるでしょう。変色もしますし変形もする問題が出てきます。うまくフィットせずにストレスを掛けることになっていくため、どんどん傷んでいくのですから、大切な靴ならさらに問題です。

一体型になっているインソールでも、靴リペアに依頼すればきれいに修理ができます。古いインソールをはがして、型紙を作り、皮を裁断して作り上げます。加工もしっかりと行っていきますし、足のあたりを考えてスポンジのクッションもいれたりしながら固定することができるため、元通りの感触を取り戻せるでしょう。できるだけ色も近いものを選べば、違和感もなくなります。履き心地も失うことなく、靴の傷みも止められるのですから、大切な靴は、定期的に痛みが出ていないのか検査しながら、しっかりとインソールも靴リペアすることが必要です

大切なインソール

インソールが靴にとって重要なパーツになっており、傷んでくれば交換も必要ですし、自分にあったインソールに調整することも大切です。ですが、靴そのものがぴったりなのであれば、インソールは必要がありません。あくまでも調整のためのパーツだからです。

問題ですが、おしゃればかりを追求していくと、どうしても足が痛くなってしまうようなこともあるでしょう。履き心地がよろしくなく、苦痛になってしまえば、正しい靴とは言えなくなってしまいます。一体化しているものも、傷みがくれば、こうした問題が出てくるでしょう。おしゃれは大切なところではありますが、履き心地も考えていかなければいけません。

本来は足にぴったりとしたインソールにする必要があります。市販でも手に入れられるようになってきていますが、足に合わなければインソール自体の意味がありません。どんな使い方をするのかによっても違いがあるところですが、正しく履いていくためにも、負担を減らすためにも、インソールに問題が出てきたときには、靴リペアを考えていくのも必要です。足に合わせて調節もできるようになりますので、なにか違和感があると感じたら、すぐに靴リペアに持ち込むといいでしょう。

インソールの役割

靴にとって、インソールは非常に大切な部分です。足の裏にかかってくる体重を分散することができる部分となってきます。当然、疲労もしやすくなってしまいますが、分散できるようになれば、歩いていても負担がかからなくなるでしょう。疲れない靴というところでは、インソールが重要になってきます。特にマメやタコができてしまうのは、インソールが正しく働いていないからです。

シューズ足のゆがみというところにも、インソールはつながっていきます。体重が正しく分散できていないからゆがみが起きたりすることがあるでしょう。外反母趾などゆがんでしまっているような状態でも、インソールが強制してくれるため、改善ができるということがあげられます。これも正しい荷重の分散が起こるからです。

一般的な靴以外にも、スポーツ用にもシューズが使われます。この時にも正しい力の伝わり方をすれば、それだけパフォーマンスを高められるようになるでしょう。しっかりとあったインソールにすることによって、記録も変わってくるのですから大きな役割です。こうした力を持ったインソールが傷んでしまえば、靴としての問題が出てくるのは明らかなのですから、靴リペアとして考えた場合には、大事なポイントになってきます。

靴リペアのポイント

靴には、さまざまな部品があり、それぞれが役割を持っています。しっかりと機能させなければ、快適なものではなくなってしまうでしょう。歩くということは、体重の大半の力がかかっていくからです。その中で、インソールと呼ばれている部分があります。中敷きといえば簡単ですが、実はそれだけの部分ではなく、もっと複雑なパーツといっていいでしょう。靴のパーツの中でも、中敷きになっている部分と、中底と呼ばれる外すことができる部分まで含めてインソールと呼んでいます

インソールインソールが重要なのは、足に直接触れる部分だというところにあるでしょう。靴を作ったときには、だれが履くのかが想定されていないものがほとんどです。オーダーで作る場合でもインソールは足に触れるため重要ですが、ぴったりと履きやすく調整するためには、インソールが欠かせません。もともとは、消臭効果や防寒といった機能が重視され、あとから入れることも多かったものの、海外では取り外せなくてもインソールと呼んできました。そのため、脱着できるかは関係がない部分です。

機能を考えていくと、インソールはとても重要になってくるのがわかるでしょう。足から靴にかけて働いていく部品であり、圧力を分散させていきます。足の負担を考えると靴にとって大事な部分になってくるでしょう。傷んできたら、靴そのものに負担を掛けないようにするだけではなく、足にも負担がかからないように靴リペアを考えていくべきです。

インソールの靴リペアについて