靴リペアのポイント

靴には、さまざまな部品があり、それぞれが役割を持っています。しっかりと機能させなければ、快適なものではなくなってしまうでしょう。歩くということは、体重の大半の力がかかっていくからです。その中で、インソールと呼ばれている部分があります。中敷きといえば簡単ですが、実はそれだけの部分ではなく、もっと複雑なパーツといっていいでしょう。靴のパーツの中でも、中敷きになっている部分と、中底と呼ばれる外すことができる部分まで含めてインソールと呼んでいます

インソールインソールが重要なのは、足に直接触れる部分だというところにあるでしょう。靴を作ったときには、だれが履くのかが想定されていないものがほとんどです。オーダーで作る場合でもインソールは足に触れるため重要ですが、ぴったりと履きやすく調整するためには、インソールが欠かせません。もともとは、消臭効果や防寒といった機能が重視され、あとから入れることも多かったものの、海外では取り外せなくてもインソールと呼んできました。そのため、脱着できるかは関係がない部分です。

機能を考えていくと、インソールはとても重要になってくるのがわかるでしょう。足から靴にかけて働いていく部品であり、圧力を分散させていきます。足の負担を考えると靴にとって大事な部分になってくるでしょう。傷んできたら、靴そのものに負担を掛けないようにするだけではなく、足にも負担がかからないように靴リペアを考えていくべきです。