靴の傷みを止めるため

修理インソールは足に触れる部分です。体重を分散してくれる大事なパーツですが、どうしても摩耗しますし、汚れも出ます。汗も吸ってくれることが重要で、擦り切れてしまうと機能を果たせなくなってしまうでしょう。靴を脱いだ時にも、印象はとても悪くなってしまいます。革靴の場合、汗を吸い込んでしまう問題がありますが、どうしても革が硬化してしまう原因となるでしょう。変色もしますし変形もする問題が出てきます。うまくフィットせずにストレスを掛けることになっていくため、どんどん傷んでいくのですから、大切な靴ならさらに問題です。

一体型になっているインソールでも、靴リペアに依頼すればきれいに修理ができます。古いインソールをはがして、型紙を作り、皮を裁断して作り上げます。加工もしっかりと行っていきますし、足のあたりを考えてスポンジのクッションもいれたりしながら固定することができるため、元通りの感触を取り戻せるでしょう。できるだけ色も近いものを選べば、違和感もなくなります。履き心地も失うことなく、靴の傷みも止められるのですから、大切な靴は、定期的に痛みが出ていないのか検査しながら、しっかりとインソールも靴リペアすることが必要です